• 今日から始めるコンタクトレンズ
  • 今日から始めるコンタクトレンズ
  • 今日から始めるコンタクトレンズ

コンタクトレンズの購入には検査と問診と説明が必要です

高度管理医療機器であるコンタクトレンズを購入する際、原則として医師の診断を受けなければいけません。特例としては、過去に医師に診断してもらったことがあるというケースがありますが、目の状態とか視力は年月と共に変化するものですので、購入直前に今一度診断を受けた方が無難だといえるでしょう。

購入前に眼科を訪れると、まず目の状況やコンタクトレンズの使用方法についての問診が行われます。次に、目に異変はないか、涙の量が適正かなどの詳しい検査が行われ、コンタクトレンズの使用で問題がないかどうかを、医師が総合で判断します。そして問題なしと判断されれば、視力の検査やベースカーブの測定などが行われます。

それらが終わると、いざ自分に合ったコンタクトレンズ選びが始まります。

たとえば、長時間使うつもりなのか、それとも短時間使用なのかによっても、自分に合うレンズというのは変化します。さらに、ハードレンズにしたいのか、ソフトレンズにしたいのかなどの意思も、この段階でしっかりと伝えておくのがよいでしょう。一通り希望を伝えてから、テストレンズを装着します。

テストレンズを実際に装着することによって、瞬きを行った場合のレンズの動きなどを、詳細に確認することができるためです。そして、目に適した判断されたレンズの最終的な決定が行われます。最後は、コンタクトレンズの取扱方法などの指導があります。

レンズの取りつけと取り外し方、またレンズのケアの仕方など、詳細な使用方法についても話されるので、しっかり覚えておくようにしましょう。

説明後、もしも何らかの疑問点が残っている場合は、積極的に質問をして、そういった疑問点を解消しておくことをおすすめします。こういったことまでが、コンタクトレンズを購入する場合に必要となる流れです。医師の診断を受けるのは面倒だと感じる方もいるかもしれないですが、コンタクトレンズは、高度管理医療機器に分類されるアイテムです。ご自身の目の健康にもかかわるので、購入される際に、万全な準備を怠らないようにしましょう。